コラーゲンペプチドの効果

MENU

コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドは、コラーゲンを体内で消化吸収しやすいように加熱抽出・精製し、さらに細かく酵素分解し低分子化たものです。

 

コラーゲンは保湿効果が高いタンパク質であり、皮膚表面に塗布することにより、皮膚からの水分の蒸発を抑えるという肌の表皮層に対する潤いの効果は期待できることから化粧品などに多く配合されています。

 

しかし、コラーゲン分子が体外から皮膚に吸収される量は美肌効果としては十分ではなく、一時的な効果しか期待できないため、併せて経口摂取による体内からのアプローチが重要となります。

 

コラーゲンをペプチド化し食品として摂取した場合は、体内でアミノ酸に分解しやすいため、吸収性が高いことが認められており、原材料としてコラーゲンの表記がある場合、その多くはコラーゲンペプチドとなっています。

 

そのコラーゲンの原料としては、牛や豚などの動物の皮のほか魚類の皮や鱗(ウロコ)がありますが、動物由来のコラーゲンは吸収があまりよくないため、現在では、ほとんどのコラーゲンが魚由来のものとなっています。

 

ただし魚由来のコラーゲンには、その鱗(ウロコ)から採取されている安価なものも出回っていますが、皮を使っているものに比べて効果は薄いとされています。

 

しかし原材料表記では皮かどうかは分からないと思いますで、コラーゲンサプリメントを利用する場合はあまり安価なものは疑ったほうがよいでしょう。

 

コラーゲンペプチドを含んだおすすめサプリメント・ドリンク

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000